髪に良いもの

ホーム >> 髪の基礎知識>> 髪に良い生活

食事

 食生活の影響は頭皮だけでなく内臓の健康状態まで人体に大きく影響します。
 現代人はファーストフードや惣菜など自分の好みにあった食事を好きな時間に食べる事ができます。毎回の食事を意識的に改善しなければ、ずるずると同じような食事パターンになってしまいます。 一日トータルで食べる食材を意識しながら食事をしていく事で、食生活の改善を行いましょう。

バランスの良い食事

野菜・果物・牛乳・乳製品・豆類・魚類などを中心にバランスの良い食事を心がけてください。 塩分や脂分が多く、野菜が不足しがちな外食、ファーストフードはなるべく控えましょう。

規則正しい食事時間

深夜の夜食は控え、朝、昼、夜と3回の食事を規則正しく食べましょう。

適正な食事の量

肥満気味の方は特に食事の量に注意し、適正な体重に近づけましょう。

刺激の強い食事は控える

アルコール、甘いものは胃腸に負担をかけます。また塩辛いもの、刺激物は皮脂腺を活発にし頭皮を脂っぽくします。

タバコは× お酒は控えめに

タバコはできれば禁煙

タバコは毛細血管を萎縮させます。タバコを吸うとビタミンCが破壊されてしまいます。また、タバコに含まれるニコチンは、自律神経を刺激して全身の血管を収縮させ血液の循環を悪くさせます。頭皮の毛細血管の萎縮により栄養素が毛乳頭へ運ばれなくなります。

お酒は控えめに

適度の飲酒は問題ありませんが、飲みすぎると肝機能が衰え肝臓で作られるタンパク質の製造に影響を及ぼします。また、飲酒の際のツマミも塩辛いものや、動物性脂肪分が含まれる物が多くなりがちなので、注意する必要があります。

充分な睡眠を心がける

 髪は夜に一番成長しています。また、昼間受けた頭皮へのダメージを寝ている間に働く免疫細胞やホルモンが修復してくれます。その他に充分な睡眠はストレスを緩和し良い精神状態にもしてくれます。 夜11時には寝るようにし、6〜7時間の睡眠を心がけるようにしましょう。

適度な運動

 適度な運動を行う事は、血行の流れよくしてくれます。室内でできる簡単な体操レベルで構いませんので毎日少しずつ運動するように心がけましょう。 また、運動によるストレス発散効果も期待できます。

ストレスをためない

 なかなか難しいことですが、ストレスがたまりやすい方は特に注意してください。まず、前向きな姿勢を保つ事、次にストレス解消の趣味、アロマテラピーも有効です。




ページのトップに戻る